耳鼻科でめまいの治療

  • TOP
  • 耳鼻科でめまいの治療

 めまいは耳の奥、内耳が原因で起こる場合があります

めまいは、「末梢性めまい」と呼ばれる、内耳が原因で起こる場合があります、その際には、耳鼻科が専門になりますので、ひどいめまいにお悩みの方は一度、耳鼻科にかかってください。
代表的な病気に下記のようなものがあります。

 めまいは耳の奥、内耳が原因で起こる場合があります

メニエール病

めまいを起こす病気の中で最も有名なものです。当外来の患者さんの中でも一番多くの比率を占め、主な症状は目が回るようなめまい、ふらつき、難聴、耳がこもるような感じ、耳鳴りなどです。
典型的な症状では、まず初期症状として強い目が回るようなめまいが時々起こり、その前後にそれ以外の症状が出たり消えたりしますが、症状の起こり方は個人差が大きく、長い経過を見たり、あるいはいろいろな検査するなどして初めてメニエール病とわかる場合もあります。

良性発作性頭位めまい症

メニエール病に次いでよく見られる病気です。寝起き、寝返り、首振りなどの頭を動かす動作をした時だけ強い目が回るようなめまいが起こります。めまいは瞬間的で短く、頭の動かさずじっとしていると1分以内でおさまります。難聴や耳鳴りを伴うことはありません 特に治療しなくとも自然に治る場合もありますが、薬を服用する以外に、一種の理学療法を行う場合があります。

 前庭神経炎

突然強いめまいが起こり、それが数時間から数日続き、その後も長期間ふらつきが起こるようになります。難聴や耳鳴りを伴うことはありません。めまいがひどい場合、あるいは他の病気と区別するため入院ができる病院などで検査をする場合があります。ウイルス感染などとの関係が示唆されています。

外リンパ瘻

頭部の外傷や、強い鼻すすりなど中耳・内耳に大きな圧力がかかった時に起こる病態です。
突然強いめまいが起こり、その前後で難聴や耳鳴りも起こります。
原則として入院が必要で、ステロイドの点滴を行います。治りが悪い場合は手術を行うこともあります。
そのほかにも、突発性難聴・聴神経腫瘍・中耳炎などでもめまいを起こすことがあり、それぞれに応じた治療が必要です。さらに、脳腫瘍や脳梗塞などの脳の病気、不整脈や血圧の異常、頸椎の異常などでもめまいが起こることがあります。これらの病気に対しても必要な検査を行ったのち、治療が可能な病院に治療依頼いたします。

お問い合わせ窓口

当院へのお問い合わせは下記電話番号よりお願い致します。
TEL 06-6752-1248